ハム・ギョンシク

Beauty

スパチュラ塗りの先駆者、メイクアップアーティスト“ハム・ギョンシク”独占インタビュー「こだわりはグリップ感」

スパチュラでファンデーションを塗る!?トレンドをつくったと言っても過言ではない、韓国メイクアップアーティスト“ハム・ギョンシク先生”に独占インタビュー。ファンデーション用スパチュラの開発秘話から、今期のメイクアップトレンドまで!さらには、ハム・ギョンシク先生が手掛けるコスメブランド“MAD PEACH”の新商品情報をお届けします。 舞台用のメイクアップツールだった“スパチュラ”をデイリーに使えるアイテムに KOREAddicted編集部(以下、編集部):ハム先生が開発されたスパチュラは、とても話題になっていると思うのですが、スパチュラでファンデーションを塗っているのを初めて見た時、本当にびっくりしました。どうしてスパチュラで塗ることを思いつきましたか? ハム・ギョンシク先生(以下、ハム先生):スパチュラでファンデーションを塗るのは初めてやったことではなく、他の方もやっていてそれぞれの方法がありました。やってみた時にすごく良かったからです。 昔だと舞台用のメイクアップツールだったので、スパチュラの塗る面や持ち手の部分がすごく不便でした。それを普段のメイクアップツールとして開発したのは、私が初めてです。 編集部:実際に商品として開発したきっかけを教えてください。 ハム先生:やはり舞台用のスパチュラでは、不便さを感じました。これを少しだけ改良すれば、日常的に使用できるのではないかと思ったので開発しました。 編集部:開発する時にこだわったポイント、難しかったことはありますか? ハム先生:グリップ感です。昔のものだと、スパチュラの塗る面は長いのに持つ部分がすごく短かったのが、すごく不便だと思いました。開発する時は、持ち手の部分をもっと長くしたりと調節していたのですが、今の長さがちょうど良かったです。 やっぱりスパチュラは、顔に直接塗るものだから顔に触れる面の丸さにまでもこだわりました