韓国情報メディア

COPYRIGHT Ⓒ 2023 KOREADDICTED ALL RIGHTS RESERVED.​

Edit Template

日本で買える!【韓国エッセイ本・小説おすすめ11選】アイドル絶賛のベストセラーから新作まで

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています。

今回は、韓国エッセイ本・小説のおすすめを王道ベストセラーから新作まで厳選してご紹介します。まだ韓国書籍を読んだことがない方も、新作を探している方も必見です!また記事後半では、韓国エッセイ本や小説が人気の理由についても解説します。

韓国エッセイ本【ベストセラー5選】


まずは、ハマる人が続出したエッセイの大人気ベストセラーからご紹介!作者の実体験をもとにしたノンフィクションのエッセイは、どれも心に響く作品ばかりです。どこかで耳にしたことがある、なんて作品も登場します。

私は私のままで生きることにした

キム スヒョン (著)、 吉川 南 (訳)

出典:Amazon

日本で55万部、世界累計180万部を突破し、2019年から2021年と3年連続で年間ベストセラーにもランクインした大人気のイラストエッセイ。

誰かと比べて、人からどう見られているかを気にして、生きにくさを感じている方が「私のままで生きることにした」という自己受容と自己肯定感を得られる本です。

<ライターおすすめポイント>

韓国エッセイ初心者の方でも読みやすく、どんな世代の方も共感できます。自分自身をありのまま受け入れることができ、これからの人生を意味あるものにしていこうと前向きになれる本です。自己肯定感を上げたい方や自分に自信をつけたい方におすすめします!

すべての瞬間が君だった きらきら輝いていた僕たちの時間

ハ・テワン (著)、呉 永雅 (訳)

出典:Amazon

韓国エンタメ業界やSNSで流行り、大ベストセラー50万部突破したエッセイ。

韓国のドラマ「キム秘書はいったい、なぜ?」の中でこの本が使用されたり、ミュージカル化もされるくらいの人気作です。

<ライターおすすめポイント>

最初から最後まで、自己肯定の言葉が並んでいるので、疲れてしまった時や心が折れそうな時に元気をもらえる一冊。また、韓国ドラマのような甘く切ない言葉が、大事な人のことを思っている時や昔の恋を懐かしんで幸せな気持ちにもなれるでしょう。心の支えがほしい時や癒されたい方にピッタリです!

あやうく一生懸命生きるところだった

ハ・ワン (著)、 岡崎 暢子 (訳)

出典:Amazon

口コミで話題沸騰した「心が軽くなる」と話題の韓国のベストセラーエッセイ。

「こんなに一生懸命生きているのに、自分の人生はなんでこうも冴えないんだ」と人生に悩み、疲れた時、気持ちが限界に達してしまった著者が「一生懸命生きない」と決めたことで見えてきた自分らしく生きるコツを書いた本です。

<ライターおすすめポイント>

「もっと頑張らなくちゃ」と日々何かに追われて、必死に生きていて疲れを感じている方、無理に自分をすり減らす毎日を送っている方は、この本を読むときっと心がラクになってくるはずでしょう。また人気アイドルの東方神起も愛読している本としても有名です。この本を読んでホッと一息ついてみてはいかがでしょうか?

死にたいけれどトッポッキは食べたい

ペク・セヒ (著)、山口ミル (訳)

出典:Amazon

韓国の若い世代を中心に40万部を超えるベストセラーエッセイ。

軽度のうつ症状がずっと続く障害を抱える一人の女性が、精神科医とのカウンセリングの対話の中から自分自身を見つめ直した12週間が綴られています。「もう死んでしまいたいと思いつつ、一方でお腹がすいてトッポッキが食べたいなと思う…。」このような矛盾な気持ちや自己嫌悪に陥り不安定になってしまう繊細な心が、ありのまま描写されています。

<ライターおすすめポイント>

日々生活しているとなんだか生きづらさを感じることがあります。そんな中で漠然とした不安を言葉にしてくれ、一緒にカウンセリングを受けているような気持ちにさせてくれます。落ち込んでる気持ちをどうにかしたい時や誰かに寄り添ってほしい時に読んでみるのがおすすめ。BTSのリーダー RMや多くの芸能人、インフルエンサーも読んだ話題の一冊は、読む価値ありです!

家にいるのに帰りたい

クォン・ラビン (著)、 桑畑 優香 (訳)

出典:Amazon

BTS Vが紹介して、多くの媒体でもたちまち話題になったベストセラーエッセイ。

言葉にならないような不安や苦しみ、さびしさ、切なさ…そんな感情に寄り添ってくれる一冊です。自分のために書かれたような言葉の数々は、「自己肯定感を高めてくれる」と共感の声が多数集まっています。

<ライターおすすめポイント>

自分で表せないような思いを代わりに言葉に綴ってくれているような感覚になり、すーっと気持ちが落ち着きます。感動で涙する人が続出中!読み終えた頃には、「自分らしくいていい」と自己肯定感が上がり自分のことが少しだけ好きになれそうです。自分に自信を持ちたい方、自分の気持ちを誰かに理解してほしい方におすすめ。



韓国小説【ベストセラー3選】


続いて小説のベストセラーを3つご紹介します。小説は、ノンフィクションのエッセイとは違い、作者が作り上げたフィクションの世界観を感じられます。韓国小説で韓国文学に浸ってみましょう。日本の小説とまた違った面が見えるかもしれません。

アーモンド

ソン・ウォンピョン (著)、矢島暁子 (訳)

出典:Amazon

2020年本屋大賞翻訳小説部門第1位、韓国で40万部を突破した世界13ヵ国で翻訳されているベストセラー小説。

扁桃体(アーモンド)が先天的に人より小さく、喜びや悲しみ、恐怖感情が分からない「失感情」の十六歳の高校生ユンジェが周りの人たちと共感を手にしていく奇跡の物語です。

<ライターおすすめポイント>

「共感」「愛情」をテーマにした爽やかな物語になっていて、読みやすい内容なので一気に小説の世界に引き込まれていくでしょう。感動して涙が止まらなかったという口コミも多く、10代や子育て世代まで幅広い世代におすすめです。

82年生まれ、キム・ジヨン

チョ・ナムジュ (著)、 斎藤 真理子 (訳)

出典:Amazon

韓国で136万部突破し、社会現象を巻き起こした大ベストセラー小説。

多くのK-POPアイドルも読んでいると話題になり、世界中で翻訳されました。1982年に韓国で生まれた女の子に一番多い名前を持つ「キム・ジヨン」が主人公の物語で、誕生から学生時代、受験、就職、結婚、育児…など女性が人生で出会う困難、差別を描いた作品です。

<ライターおすすめポイント>

多くの女性が、今まで自分の中で言葉にできなかった「声に出せない感情」がすべて書かれていて、耐えてきた感情が「自分だけのものではなかった」と救いになり、絶大な共感を呼びました。この小説は男性にも読んでほしい小説です。女性の気持ちが理解でき、心を打たれるでしょう。映画化されるくらいの人気作品です。

花を見るように君を見る

ナ・テジュ (著)、 黒河 星子 (訳)

出典:Amazon

小説ではなく「詩集」ですが、韓国で大ベストセラー70万部突破し、K-POPアイドルや韓国の俳優、日本の著名人まで愛読し、10年間で最も多く売れた作品です。韓国の大人気ドラマ「ボーイフレンド」
の劇中に重要シーンに登場し、さらにブームが巻き起こりました。

<ライターおすすめポイント>

心の奥底に眠っていた感情が沸きあがるような甘く切ない、心温まる詩が115編が収録されています。老若男女問わず共感ができるのでどの世代も楽しむことができる一冊です。小説より気軽に読めるのも良いですね!



新作・韓国エッセイ本【おすすめ3選】


最後は、新作の韓国エッセイ本をご紹介!日本でじわじわと人気を集める韓国書籍は、新作が続々と発売しています。口コミが良いものを厳選しましたので新作もチェックしてみましょう!

話し足りなかった日

イ・ラン (著)、オ・ヨンア (訳)

出典:Amazon

シンガーソングライター、小説家、コミック作家、映像作家、そしてエッセイストなど多才なアーティスト「イ・ラン」の待望の新作エッセイ集。

様々なジャンルで活躍する著者自らの人生に対する思考と感情を正直に誠実に言語化した作品です。

<ライターおすすめポイント>

イ・ランのありのままの話が強く、悲しく、この時代を照らし出してくれる胸が熱くなるでしょう。ベストセラーを読みつくした方にも、韓国書籍初心者の方にもおすすめできます。

太れば世界が終わると思った

キム・アンジェラ (著)、高原 美絵子 (訳)、 西野 明奈 (訳)

出典:Amazon

17年に及ぶ自身の摂食障害と真摯に向き合い、心を見つめ直した韓国人女性の記録。

一見ユーモラスなタイトルですが、摂食障害と戦う1人の韓国人女性のリアルな告白が綴られていて、世間一般が認知する美しさと自分のギャップに悩む中で自分の生き方を見つけるまでの心の軌跡を描いています。

<ライターおすすめポイント>

メディアやSNSの世界を見ていると「自分なんて…」と自信を失くしがちになりますが、この本を読むことで「生きている限り、完璧になるなんてない!」と勇気をもらえます。読み終わるころには胸がいっぱいになるはずです。

今日はこのぐらいにして休みます

ソン・ヒムチャン (著)、黒河星子 (訳)

出典:Amazon

韓国で発刊されてから長く愛されて累計17万部突破のベストセラーがついに日本上陸!K-POPアイドルも愛読しているエッセイ本。

「すみませんが、今日はこのぐらいにして休みます」と誰もが自然にそう言うことができ、誰も否定的な判断をしない社会になってほしいと願いを込めた心休まる82のメッセージが収録されています。

<ライターおすすめポイント>

息苦しい毎日から自分らしい人生にしたい!そんな方におすすめの一冊です。82のメッセージにわかれているので、一日の日課として少しずつ読み進めていくのもよいでしょう。癒されたい方にもピッタリです!

韓国エッセイ本の日本版が人気の理由


ここまでライターおすすめの韓国エッセイ本・小説を紹介してきました。続々と日本版が発売され、瞬く間に人気を獲得しています。近年、韓国書籍はなぜここまで人気になったのでしょうか?

韓国アイドルの影響

まず一つ目の理由は「韓国アイドルの影響」です。K-POPアイドルや韓国の俳優が読んでいたなどの情報がSNSで広がり、情報を素早くキャッチする方が増えてきたことが一番の人気の理由。

推しや好きなアイドルが推薦する本なら読んでみたいですよね!そういった影響で、書籍を知るきっかけになり、日本での需要が高まったおかげで日本版が続々とでてきました。そこから口コミがどんどん広まり、韓国のエッセイ本や小説の面白さに魅了されて、ハマる人が増えて人気に火が付いたのでしょう。

見た目のかわいさ

二つ目の理由は、「見た目のかわいさ」です。韓国のエッセイ本や小説は表紙のイラストがかわいらしいものが多く、書店でも目につくので手に取りやすいこと。インテリアの一部として韓国書籍を集めている人もいるくらいです!カラフルな色も多いのでInstagramなどのSNSに映えるのも人気の理由でしょう。

読みやすい

三つ目の理由は、「読みやすい」ことです。日本のエッセイ本や小説とは異なり、文字も大きめで改行も多く、気軽に読みやすい点です。移動時間や寝る前などのスキマ時間にも負担が少なく読めるのが魅力。

また、内容も現代の社会問題や多くの人が抱えている悩みを題材にしているものがほとんどなので共感しやすく、自分と照らし合わせて読むことができるので、本の世界に没頭しやすいのが人気の理由といえるでしょう。

韓国のエッセイ本や小説をおすすめの中から選んでみよう!

いかがでしたでしょうか?読んでみたい本や気になる本は見つかりましたか?今回紹介した韓国のエッセイ本や小説はどれも自信を持っておすすめできるものばかりです。ぜひこの記事を参考に韓国文学を楽しんでみてくださいね。

▼韓国の書籍が気になる方はこちらもCHECK!

Writer