韓国情報メディア

COPYRIGHT Ⓒ 2023 KOREADDICTED ALL RIGHTS RESERVED.​

Edit Template

【日持ちも抜群】日韓夫婦が帰省のたびにまとめ買いする韓国食品

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています。

日韓夫婦の我が家は年に何度か帰省のために渡韓しています。今回は、その度に必ず買って帰る食品のお土産をご紹介します!

缶詰類

まずは缶詰類。韓国にはさまざまな種類の缶詰があり、日本で生活する韓国人夫にとっては、本場の味として必要不可欠。必ず買うのはコチュチャムチです。これは、カツオやマグロなどを野菜などと甘辛く味付けした、韓国版の辛いツナ缶のこと。他にも、日本の2倍以上は入っているサバやサンマの水煮缶も買って帰ります。

出汁パック

次に出汁パック。日本にもいろいろな出汁パックはありますが、韓国は日本よりも割安にも関わらず種類が豊富で、材料もふんだんに使っているのが特徴。蟹や海老をベースにしたものは韓国のお雑煮であるトックにぴったり。またイワシと椎茸と昆布などをベースにしたものは、キムチチゲやテンジャンチゲにとてもよく合います。最近では、出汁パックではなく出汁タブレットも主流になり、より便利に。韓国には無添加で塩分が少ないものが多く販売されており、とくにおすすめです。



乾物類

続いては、乾物。いつも買うのはワカメスープを作るために欠かせない乾燥ワカメ。量が多く質が高い上にワカメの茎まで丸ごと入っているため、韓国産のものが欠かせません。さらにダシマ(昆布)、コサリ(ぜんまい)、なつめなどの乾物類もおすすめです。

米類

最後は米類。日本でも雑穀米は売っていますが、韓国は種類が多く、好きにブレンドすることができます。よく買って帰るのは黒米、赤米、ヒエや粟など。義母から教えてもらった、ご飯に入れるだけですぐに炊ける黒小豆や黒豆なども重宝しています。

このように、メジャーなお土産とは少し異なるものの、全てスーパーで購入可能な日韓夫婦ならではのお土産をご紹介してみました。よかったら参考にしてみてください。

Writer