韓国情報メディア

COPYRIGHT Ⓒ 2023 KOREADDICTED ALL RIGHTS RESERVED.​

Edit Template

韓国人夫が愛してやまない日本の絶品スイーツ!韓国の似たスイーツとは意外な違いも?

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています。

日本のスイーツは、実は韓国でも大人気。我が家の韓国人夫も来日後、日本のスイーツが大好きになりました。今回は、中でも韓国人夫が愛してやまないスイーツを4つご紹介します!

みたらし団子

最初は、みたらし団子です。付き合っていた当時、韓国人夫を日本の商店街に連れて行ったことがありました。ブラブラと歩いていると、どこからか醤油の香ばしい匂い。老舗のみたらし団子屋に、たくさんの人だかりができています。早速購入し食べてみた夫は、あまりの美味しさに次々とおかわりをし、なんと6本も平らげてしまったのです!お昼ご飯をたらふく食べたばかりだったのに(笑)

当時韓国では、みたらし団子の認知度は低く、生まれて初めて食べる甘じょっぱい味に感動して以来、今も生活に欠かせないものになっています。ちなみに最近は韓国でもコンビニやマートで同じようなものを見かけるようになったり、韓国のトッポキ(餅)をみりんと醤油で和えるようなレシピも登場しています。

ぜんざい

続いて、ぜんざいです。中でも、夫が好きなのは餅入りぜんざい。厳密には、小豆は少なめで、こんがり焼いた餅が入っており、甘さ控えめで塩昆布がついているもの。なんと細かいリクエストなのでしょうか(笑)

韓国にも茹でたり蒸した小豆を餅にのせて食べたり、小豆のお粥などもありますが、甘さ控え目なのが特徴。むしろ、塩味で食べることも多いです。それに比べて日本のぜんざいは甘いですよね。甘すぎる味も塩昆布で調和できる食べ方も、気に入ったようです。



餅入り最中

そして、餅入り最中です。韓国でも最中は「モナカ」という名前で呼ばれています。形状も同じような感じで、中にもこしあんのような餡が入っています。私は個人的には、韓国のモナカも美味しいと感じます…いえ、日本と全く同じ物に感じます(笑)

しかし夫からすると、日本の最中の方が口当たりがよく、餅の分量が多いのだと言い張ります(笑)そのためスーパーで餅入り最中を発見すると、3つも4つもカゴに入れてしまいます。

フルーツ大福

最後はフルーツ大福です。最近では韓国でもフルーツ大福(餅)の人気が高まり、店舗も増えています。しかし夫が来日した当時は、韓国ではまだほとんど知られていませんでした。日本で初めてイチゴ大福を食べて大感動した夫は、その後もマスカット大福やみかん大福などに出会うたびに、日本を心から愛おしく思ったようです(笑)

このように、すっかり日本のスイーツの虜になっている夫は、もはや日本から離れることはできなさそう(笑)もし韓国に知り合いがいらっしゃる方は、お土産に買っていかれると喜ばれるかもしれません。ところで皆さん、お気づきでしたしょうか?韓国人夫が好きなものは、全て餅のスイーツだったのです…!(笑)

Writer